腹部CTの落とし穴!フリーエアーとは何か?門脈気腫がなぜ危険なのかを虚血とあわせて解説!

こんにちわ!放射線技師ブロガーのカロン@muscle_radioです。

 

腹部レントゲンの回で、立位で腹部を撮影する目的はフリーエアーを見つけることが第一の目的であることを書きました

 

この回では、レントゲンでのフリーエアーについて触れたのですが、今回はフリーエアーというのはそもそも何なのか?なぜ、フリーエアーを見つけるのが大切なのかを解説していきたいと思います。

 

腹腔内に空気があって何が悪い?

 

そもそも、腹腔内や後腹膜には空気(ガス)は基本的には存在しないはずです。なので、空気があること、それ自体が異常なのです。

そして、異常な状態(空気がある状態)になっていることの原因が何なのかを探すことが重要なのです。

 

すこしややこしいですが、空気には2種類あり、1つは消化管の穿孔によるものや術後のフリーエアー(遊離ガス)

もう1つは、それ以外の空気なのですが、これは例えば、

・気腫性の感染によるもの

虚血が原因になっているもの

などがあります。

 

そして、穿孔が原因であれば腹膜炎→敗血症に移行してしまったり、

腸管虚血が原因であれば、腸管壊死に至ってしまったりするので、しっかり原因を考えるのが重要になってきます。

 

 

腸管虚血でなぜ門脈気腫になるのか?

 

門脈気腫などであれば、腸管の虚血を反映したもので、一刻を争う事態になるかもしれないのですが、それではなぜ門脈に空気が入るのでしょうか。

 

これは色々調べてみたのですが、なかなか理解するのに難しく、参考程度にしてもらえればいいのですが…

 

損傷した血管から直接、ガスが入り込むことによって門脈気腫になるようで、それはすなわち、腸の血管が破綻している状態というのが確実にあるというのを示しているようです。

腸管虚血をきたしている場合の腸管壊死は90%、また、致死率も75%と高いのでなんとしても見落としはないようにしなければいけません。

 

門脈気腫と似たものに胆管気腫があります。

こちらは胆道の内視鏡的処置をしていると発生することがあるのですが、原因がそれだとわかっていれば問題ないです。

しかし、単純CTで両者を見分けるのはなかなか難しいので、カルテなどで内視鏡的処置をしていないかを確認してみて、もしされてなければ、担当医に報告するべきでしょう。

 

一応、区別としては

門脈内ガスは門脈の流れに沿って奥へと運ばれるので肝末梢にまで到達します。

 

 

 

 

 

逆に胆管ガスは肝門部に集まることが多いです。

 

 

 

なぜ腸管虚血から死に至るのか?

 

腸管ってそんなに生命に重要な組織なのか?ちょっと虚血したくらいで重篤な状態になるのか?と疑問に感じる人も多いと思います。

理由としては、腸粘膜は代謝率が高く、多くの血液を必要としているので、血流低下の影響に非常に敏感なのです。
そして、虚血になると、粘膜バリアが障害を受け、細菌や毒素が放出され、多臓器不全になってしまうのがメカニズムのようです。

 

 

今回はここまで!次回は穿孔による腹膜炎について書いていこうと思います。

 

この記事を書いたカロンについての自己紹介はコチラ!

[放射線技師カロンってどんな人?]今さらながら自己紹介をするぞ!

2018.05.20

今回の参考文献はこちら↓

 

レントゲン撮影のコツ・ポイント

胸部/腹部

頸椎(側面)/頸椎(斜位)/頸椎(開口位)

腰椎(正則)/腰椎(斜位)/腰椎(前後屈)

骨盤(インレットアウトレット)/股関節(ラウエン、軸位)

肩関節(正面,スカプラY)/肩鎖関節

手関節/肘関節/尺骨神経溝

大腿骨/膝関節(側面、スカイライン)

踵骨(軸位)/アントンセン

 

CTの基礎、造影理論など

検査前日の心得/造影CTの目的/ビグアナイド薬と乳酸アシドーシス

インジェクター/最適な造影剤量/注入速度とTDC

 

MRIの原理と注意点

プロトンの振る舞い/共鳴と励起

緩和/SE法の原理

TETRとコントラスト/GRE法の原理

傾斜磁場とは

 

放射線技師の転職

年収を上げる方法/うちの病院おかしい?/人間関係が辛い

転職エージェント体験談/天職の見つけ方/第二新卒/20代の転職

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カロン

大学卒業後、大学病院、透析クリニックを経て、民間の総合病院に勤務しています。 自身の経験から悩める新人放射線技師や放射線技師を目指す学生に発信していきたいと思っています。 ◇保持資格◇ ・診療放射線技師免許 ・第一種放射線取扱主任者試験合格 ・AHA BLSヘルスケアプロバイダーコース受講済み