胸部レントゲンでもミスは起きる!?インシデントを起こさないためにできることは?

こんにちわ!カロン@muscle_radioです

 

このブログで一番初期のころに書いたのが胸部撮影についてなんですが、今見直してみるとなかなか読みづらいので胸部レントゲンについても少し更新していこうと思います。

 

というわけで胸部レントゲン撮影なのですが、4月も半ばを過ぎ新人の方もガンガン撮影しまくっている時期だと思います。

 

この時期はまだ、整形などの撮影もそんなにやっていないと思うのでとにかく胸部レントゲン撮影の数をこなし、感覚というか自分のなかの撮影の流れを確立させていきましょう。

胸部撮影にまだ自信がない人はコチラ!https://takuchan.site/%e6%96%b0%e4%ba%ba%e5%bf%85%e8%a6%8b%e8%83%b8%e9%83%a8%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b2%e3%83%b3%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%81%8c%e4%bb%8a%e3%82%88%e3%82%8a10%e5%80%8d%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%8f

スポンサードリンク

患者さんと接するのが不安ならば、もしもの時の対応を考えておこう!

 

はじめは患者さんと話すだけでも緊張するものです。

 

変なこと言っちゃったらどうしよう。

とか、

怖い患者さん来たらどうしようとか。

 

慣れないうちは本当に不安ですよね。

ただ、今のうちはなんだかんだ言って先輩がそばにいてくれると思います。

ですので、とにかく、何かあったらすぐに先輩に助けを求めるということを徹底しましょう。

 

そばにいたのが、いつも話してくれない、ちょっと距離を感じているような先輩であってもです。

そして大事なのが、なにがあったのかを落ち着いてわかりやすく説明して助けを請うことです。

 

インシデントレポートの時もそうなのですが、

この、「落ち着いて、起きたことをありのまま話す」

ということが非常に大事になります。

 

先輩や上司も人間なので、見てないところで何が起こったかはわかりません。

 

そこをありのままの出来事を話すことで、先輩側も動けるのですが、あなたがパニックになっていると先輩も困ってしまいます。

良くないのは焦ってしまって早口になってしまうこと、これは自分もそうなのですが…笑

 

ふだんから、落ち着いてゆっくり話すことを心がけましょう。

 

インシデントについてはこの記事を読んでもらうといいと思います

新人看護師も知っておくべき!医療事故の本当の怖さとインシデント対策は?

 

ちょっと怖いですよね。

でも医療という職につく以上、こういったことは避けられません。

常に最悪の事態を想定しておくというのは医療において大事です。

「賢者は常に最悪の事態を想定して、楽観的に行動する」

 

の楽観的に行動するの部分は忘れましょう。

 

確認しなくても大丈夫だろう。とかは絶対ダメですよね。

 

特に仕事に慣れてきたぐらいのときからミスは起こりがちなので、確認は徹底しましょう。

カロンがCTでヒヤッとした時の記事はコチラ!https://takuchan.site/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%a4%b1%e6%95%97%e9%80%a0%e5%bd%b1ct%e3%81%a7%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af

 

胸部レントゲンで起こりやすいミスとは?

 

例えば、胸部立位一方向と腹部立位一方向って似てますよね?

 

腹部立位一方向でオーダーが出ていて、思い込みで

胸一枚か!さっさと撮っちゃお!

 

って感じで簡単にミスは起こります。昨日もそうなりそうでした。

 

ホントに信じられないかもしれませんが、人間の脳って勝手に思い込みで情報を補完してしまうので、

とにかく確認すること!

これを徹底しましょう。

 

↓フロイトも言っています↓

 

 

 

 

 

マンガで分かる診療内科第4巻 YOUNG KING COMICS  より

 

この記事を読んだ次の日は大丈夫だと思うのですが、その次の日も、また次の日も忘れないように繰り返し見てください!(笑)

 

では!

この記事を書いたカロンについての自己紹介はコチラ!

[放射線技師カロンってどんな人?]今さらながら自己紹介をするぞ!

2018.05.20

レントゲン撮影のコツ・ポイント

胸部/腹部

頸椎(側面)/頸椎(斜位)/頸椎(開口位)

腰椎(正則)/腰椎(斜位)/腰椎(前後屈)

骨盤(インレットアウトレット)/股関節(ラウエン、軸位)

肩関節(正面,スカプラY)/肩鎖関節

手関節/肘関節/尺骨神経溝

大腿骨/膝関節(側面、スカイライン)

踵骨(軸位)/アントンセン

 

CTの基礎、造影理論など

検査前日の心得/造影CTの目的/ビグアナイド薬と乳酸アシドーシス

インジェクター/最適な造影剤量/注入速度とTDC

 

MRIの原理と注意点

プロトンの振る舞い/共鳴と励起

緩和/SE法の原理

TETRとコントラスト/GRE法の原理

傾斜磁場とは

 

放射線技師の転職

年収を上げる方法/うちの病院おかしい?/人間関係が辛い

転職エージェント体験談/天職の見つけ方/第二新卒/20代の転職

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カロン

大学卒業後、大学病院、透析クリニックを経て、民間の総合病院に勤務しています。 自身の経験から悩める新人放射線技師や放射線技師を目指す学生に発信していきたいと思っています。 ◇保持資格◇ ・診療放射線技師免許 ・第一種放射線取扱主任者試験合格 ・AHA BLSヘルスケアプロバイダーコース受講済み