救急病院で放射線技師の当直やってると飲酒による救急搬送はやっぱり多い!と感じる話。

こんにちわ!放射線技師ブロガーのカロン@muscle_radioです。

大型連休もついに終わってしまいましたね。
みなさんはゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか

カロンはというと…
28→半日出勤、29→当直、30→当直明け、5/3→当直、5/4→当直明け

というスケジュールでしたね。頑張りました。

連休が明け、月曜日からは大量の撮影に追われていることと思います。

 

自分も一年目のこの時期は、先輩がせっせと撮影しているのをただ見ているしかできなかったことを思い出します。

自分ができることが少ないと歯がゆい思いをしている人もいると思います。カロンもそうでした。

しかし、しっかり経験を積んでいけばできるようになります。今はとにかくできることをやっていきましょう!

 

 夜勤業務と切り離せないお酒の話

 

さて、この時期と言えば、新人歓迎会や、バーベキュー、お祭りでお酒を飲むという場面が多いと思います。

そして、夜勤をやっていると、お酒がらみの患者さんというのはやはり多いです。

 

TVなどでは急性アルコール中毒の人などが運ばれてくる人を目にする場面が多いと思います。

うちの病院はどうかというと、急性アルコール中毒はそれほど来ませんが、代わりに酔った状態での転倒やどこかに頭をぶつけた。酔って自転車に乗って転んだ、人や自動車にぶつかったという人が非常に多いですね。

 

たまに、アルコール依存症で、膵炎になってくる人もいます。

 

放射線技師をやっていてむなしくなる瞬間はある

 

どんな仕事でもそうかもしれませんが、やはり働いていれば、俺は何をやっているんだろう…と虚しくなる瞬間はあります。

その例の一つとして、「お酒が原因となって検査をすることになった時」というのがあります。

 

どこかぶつけて出血があるときの、お酒の匂いと血の匂いが混ざったあの感じはなんとも言えないですね。

 

建前上はそんなことを言ってはいけないのでしょうが、なかなか虚しくなります。
そもそもお酒を飲まなければ本人もケガをしなかったし、救急車を呼ぶ必要もなかったし、CTなどの検査もする必要なんてないんですよね。

 

なぜこんなことを言うのかというと、例えば救急車を呼ぶにしても4万5000円かかるといわれています。それ以外にCTなどの検査をするにしてもお金がかかります。休日、深夜であれば、さらに加算されます。そして、国家資格を有した医師や看護師といった人材もその処置に充てられます。

 

自分たちが楽しくなるため、好きな人と幸せな時間を過ごすためにお酒を呑むのに、他の人を不幸な気持ちにさせてしまっているところに
人間の愚かさを感じずにはいられません。

 

まあ、そんなことを言っても今日もこの日本では毎日飲酒が原因となって運ばれてくる人が数多いるでしょう。

お酒さえ適度な量で飲んで、コントロールできていれば、そんな無駄な医療費もかかっていこないことを考えると
非常に切ない思いになります。

呑むのは好きだし役に立つ!

 

というわけで、これを読んでいる方だけでも節度をもってお酒を呑んでほしいと思っています。
カロンもお酒を呑むのは好きなので気持ちはわかりますが、ちゃんと家に帰って寝るまでが大人の飲み会です。
とくに頭部打撲は危険なので!

頭部外傷で起こりやすい危険な疾患を見てみる!

楽しむためのお酒で健康を害さないように、一緒にいる人はしっかりとお互いに見守りましょう!

 

ちなみにカロンとお酒を呑んでくれるかた、募集していますので、Twitter@muscle_radioやお問い合わせからどうぞ!

 

この記事を書いたカロンについての自己紹介はコチラ!

[放射線技師カロンってどんな人?]今さらながら自己紹介をするぞ!

2018.05.20

 

↓脳画像の邪道な?わかりやすい解説本はこちら!ハマると面白いですよ!

 

レントゲン撮影のコツ・ポイント

胸部/腹部

頸椎(側面)/頸椎(斜位)/頸椎(開口位)

腰椎(正則)/腰椎(斜位)/腰椎(前後屈)

骨盤(インレットアウトレット)/股関節(ラウエン、軸位)

肩関節(正面,スカプラY)/肩鎖関節

手関節/肘関節/尺骨神経溝

大腿骨/膝関節(側面、スカイライン)

踵骨(軸位)/アントンセン

 

CTの基礎、造影理論など

検査前日の心得/造影CTの目的/ビグアナイド薬と乳酸アシドーシス

インジェクター/最適な造影剤量/注入速度とTDC

 

MRIの原理と注意点

プロトンの振る舞い/共鳴と励起

緩和/SE法の原理

TETRとコントラスト/GRE法の原理

傾斜磁場とは

 

放射線技師の転職

年収を上げる方法/うちの病院おかしい?/人間関係が辛い

転職エージェント体験談/天職の見つけ方/第二新卒/20代の転職

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カロン

大学卒業後、大学病院、透析クリニックを経て、民間の総合病院に勤務しています。 自身の経験から悩める新人放射線技師や放射線技師を目指す学生に発信していきたいと思っています。 ◇保持資格◇ ・診療放射線技師免許 ・第一種放射線取扱主任者試験合格 ・AHA BLSヘルスケアプロバイダーコース受講済み