2019年度放射線技師国家試験まであと少し!悔いなく勉強するためにできることは?

放射線技師の学生のみなさん、早いもので今年度の放射線技師国家試験まで、あと4ヶ月少々ですね。

 

夏くらいまでは余裕をもっていた人でも、そろそろ国家試験に向けて現実感を覚えてきているのではないでしょうか。

 

わたしも7年前のこの時期は

ついに自分ももうすぐ国家試験を受けるのか…つい最近入学したばかりな気もするんだけどな。。。

と、センチメンタル?になっていました。

 

本当に時間というのはあっという間に過ぎてしまいます。

 

時間の使い方を意識していかないとあっという間に年が明けて

「えっ!!ぜんぜん勉強おわってないよ~」

という状態になってしまうかもしれません。

 

というわけで今回は国家試験に向けて残り少ない期間を悔いのないようにするためになにができるかを書いていきます。

 

そのバイト、ホントに必要??
惰性でやってるなら思い切って辞めよう!

学生ならほとんどの人がやっているバイト。

 

入学してすぐに始めたバイトも3年、4年くらいになると、仕事もけっこうできるようになってやりがいを感じている人も多いかもしれません。

 

さらに長年続けていればその職場に愛着もあるし、大学生活の拠り所になっている人もいるはずです。

 

しかし、国家試験まで残りわずかになってきた今、1番優先すべきことは勉強です。

 

週1回くらいならまだしもバイトで勉強の時間が捻出できないとなるとこれは大問題です。

 

たしかにいま、少し頑張れば、それはそのままお金という形で還元されますが、それで国家試験に落ちた場合、最低でも1年分の放射線技師としての給料がなくなるのと同じになります。

 

また、バイトで奪われるのは時間だけではありません。(体力も奪われますよね…)

 

例えば、スポーツなどをしたあとであれば、

「よし!気分転換にもなったし、帰ったらまた少し勉強進めよう!」

というように頑張ることもできます。

 

しかし、これがバイトならば、疲労感だけが残ってしまうのでバイトが終わったあとになかなか勉強はできませんよね。

もしかしたら次の日の起床時間にも響いてくるかもしれません。

 

さらにバイトで嫌なことがあって精神的に落ち込むことがあるかもしれません。

 

ふだんであれば、それも成長の糧になるものかもしれませんが、わざわざ国家試験前の勉強が大変なときにそれを経験する必要はありません。

 

仕事なら卒業したあとに嫌というほどすることになるので、今はとりあえず勉強に専念しましょう。

 

経済的にどうしてもバイトをする必要がある人もいると思います。本当にそういう方たちには頭が下がる思いです。

 

しかし、もしあなたにそこまでバイトをする理由がなければ、他に優先するべきことがあるはずです。

 

他の学部であれば、内定が出ればあとは好き放題になるかもしれません。

しかし、医療職にとって一番大事なのは今!

 

国家試験に合格しなければ意味がありません。

 

私自身も3年近く続けたバイトを4年生になるタイミングで辞めました。(たまたま病気になったため)

当時は残念な思いでしたが、今になって思うとあのタイミングで辞めれたことはよかった思い出です。

 

 

早起きの習慣をつけよう!

 

学生時代って予定がないとついつい起きるのが遅くなっちゃいますよね。

 

無限に時間を持て余しているならそれでもいいですが、国家試験前はぜひ、朝の時間を大切にしてください。

 

夜に集中できる人もいるかもしれませんが、やはり人間は夜に寝るというプログラミングがされているので基本的に多くの人はパフォーマンスが落ちます。

 

少し早く起きて勉強の時間に充てるだけで一日が充実した気分になる人も多いはずです。

 

またメンタリストのDaiGoさんが言っていたのですが、人間は一日に使えるウィルパワー(集中力みたいなもの)が決まっているので、余計なことに力を使っていると大事なところで力が使えなくなります。

 

ですので、朝早めに起きて勉強に取り組むのは、その日に自分が使えるウィルパワーをできるだけ勉強に使えるのでメンタリズム的にも理にかなっているのではと思います。

created by Rinker
¥1,540 (2019/10/20 10:21:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

個人的には朝(午前中)に頭を使う問題(計算問題など)を解き、午後や疲れてきたときに暗記物に取り組むのが効率はいいと思いますので試してみてください。

(ドラゴン桜の受け売りです)

 

わたし自身も放射線取扱主任者試験前の勉強では朝早く起きて勉強に集中していたため、結果を残すことができました。

 

もちろん、国家試験本番も朝からおこなわれるので、その時間のリズムに体を合わせるという意味でも大切です。

 

まとめ

 

今回は国家試験に受かるためのアドバイスとしてバイトと早起きの観点からお伝えしました。

 

バイトもしたいし、夜更かしもしたくなるのは痛いほどわかります!

しかし、何かを得たければ、何かを犠牲にしなければいけないのも事実。

あと4か月だけがんばりましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カロン

大学卒業後、大学病院、透析クリニックを経て、民間の総合病院に勤務しています。 自身の経験から悩める新人放射線技師や放射線技師を目指す学生に発信していきたいと思っています。 ◇保持資格◇ ・診療放射線技師免許 ・第一種放射線取扱主任者試験合格 ・AHA BLSヘルスケアプロバイダーコース受講済み